GⅡ日経新春杯
1/13(日)京都芝2400m
4歳H 1着賞金 5700万円

日経新春杯の考察 

◎ウインテンダネス
○グローリーヴェイズ
▲ムイトオブリガード
△ノーブルマーズ
△アフリカンゴールド
△ルックトゥワイス

逃げ候補はメイショウテッコン、アイトーン、ロードヴァンドール。先行する候補も多い。メイショウテッコン&武Jに単独で逃げさせると、道中ペースを落としてラストに再加速、っていう競馬になる。アイトーン、ロードヴァンドールがどのぐらい嫌がらせをしてくれるか、そして勝負所でどのぐらいライバルたちが動いて行くか、というのが展開のポイント・・・それなりに流れる展開になると読む。


◎ウインテンダネスはいつも評価が高すぎるので(苦笑)、今回は安易に本命にしないよう、自分で自分に釘を刺しておいたのだが・・・やっぱり本命にする。前走のJCは8着だけど、走破タイムは2:22.3。レベルが高すぎたが、この馬の競馬はできたし大したもの。やっぱりこの馬に条件戦時代、すなわち勝ち切れない時代から乗っているウッチ―じゃないとね。

今回、予想通りに流れるなら、それはこの馬向きの流れ。かつ、普通の差し追いでは通用しないことは、騎手が分かっている。この馬向きのペースで乗るから、遅ければ逃げてもいいし、速ければ好位の後ろあたりでも大丈夫。陣営も言っているように、持久力勝負に持ち込めれば絶対にバテない。近走不調に見えるが信頼している。京都が苦手なのではなく、距離やペース、乗り方の問題。今回は大丈夫。


○グローリーヴェイズは京都新聞杯(3歳GⅡ京都芝2200m)4着、菊花賞(3歳GⅠ京都芝3000m)5着ともに展開が向かなかった。菊花賞なんて上位馬の上がり3Fはみな33.9。ゴール前600mでの位置取りが、ほぼそのまま着順につながってしまったわけで。一方で流れた佐渡S(準OP)は勝ちタイム1:56.6で完勝。長い直線で、ずっと脚を使えた印象。

心配があるとしたら、踏み遅れ、とか、届かず、だろう。加速が遅いイメージがある。ただしミルコJが乗った時は前々で競馬しているから、そのリスクが下がるかもしれない。日経新春杯はまん中から内枠が有利な傾向があるので、枠的にもいいだろう。それでも、届かないかもしれんけどね。


▲ムイトオブリガードは大外枠を引いたのは微妙。過去の日経新春杯では、内枠や真ん中ぐらいの枠の馬の好走が多いからね。といっても分母が1000レースあるんならともかく、分母が小さい場合は、強い馬がいた枠が走る枠になってしまうからね。京都2400mはスタートして直線が600mもある。そこまで気にせんでもいいだろう。スローにならなければ、この馬の長い末脚が生きてくる。好走必至だ。

△ノーブルマーズはそんなに調教の評価がよくないようだが、陣営は前2走に比べれば確実に良くなっていると言っている。宝塚記念3着は、速いペースの中で渋太く差してきた。当然流れたほうがいい馬。多分好位からの競馬。いつ走るか分かりにくいが、持ち前の渋太さを見せてくれる可能性も十分。

△アフリカンゴールドは前走の菊花賞は12着の大敗。陣営は外々を回った不利と、消極性を敗因に挙げているが、スローで瞬発力勝負になったのも良くなかっただろう。その前の渥美特別(500万下中京芝2200m)1着、兵庫特別(1000万下戦阪神芝2400m)1着は、条件戦ながら強い競馬。今回は京都芝2400m戦、しかも52kgのハンデは有利に見える。好位ですんなり直線に入ってきたら怖い。

△ルックトゥワイスは準OPで常に好走も、勝ち切れなかった馬。前走、中山の芝2500m戦で快勝。勝負所で置かれるので、後方からの競馬の場合は致命傷になってしまう。理想は勝負所で中位ぐらいには上げておきたい。そうなれば能力は通用すると思う。京都芝2400mで岩田J。得意のイン差しにも期待する。

シュペルミエールがこのレースで引退らしいと考察で書いたが、確定情報ではないのかな?いろいろな情報が合ってよく分からん。でも脚元に爆弾を抱えていて、そのときが近いのは残念ながら事実のようだ。そんなことを聞いたら、日本人としては応援したくなる。しかし、これで印を打ったら、評価の根拠が「応援」になってしまう。もちろん可能性は否定せんが、ここは印が届かないと判断した。

メイショウテッコンはすんなり逃げさせたら怖い。掛かるわりには、いったん折り合えば問題ない。道中スローに落として、ラストに再加速できるのが強み。ましてや武Jなら鬼に金棒。ただし、今回はそんなヤワな展開にはならなさそう。それに気性や実績を考えれば、理想はもっと距離が短いほうがいいと思うしね。






↑↑腹が減っては予想ができぬ。お近くの宅配店をチェックしてみよう!!



↑↑さあ競馬場に突撃だ!!